様々な形式が存在するリフォーム

あらかじめ決めておきたい自分の葬儀

今日本は高齢化社会です。
その中でも超高齢の方も少なくありません。その方達の葬儀を行う場合、出席者が少なく、家族葬を選ぶ人も多いようです。
家族葬は一般的に、ごく近親の者たちだけで行い、友人なども呼ばないものを指します。香典や香典返しもナシ、儀礼的なものを排除して、簡素に、しかし個性的に故人を偲ぶのです。
この場合、デメリットもあります。
どんな事でも対応できる豊橋市での葬儀模様

 

通夜に出席できなかった人達が、家に焼香に来てくれる事があるためです。ひっきりなしに客が自宅に来て落ち着かなかったり、香典を頂いてしまって結局お返しをすることになったりと、二度手間になる可能性も。ですからそんなことにならないように、家族葬を行う場合は周囲に理解を求めておく必要があるでしょう。
自分が終わりの時を迎える前に、周囲に葬儀内容を伝えておくことも良いかもしれません。「自分の葬儀は家族葬にするつもりだ」と生前から話があれば、万が一の時でも問題が起こるのを防ぐことができるでしょう。